男性型脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症とは成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。

男性型脱毛症となる成人男性は、思春期以降に毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり、休止期にとどまる毛包が多くなります。

そして、前頭部(おでこの生え際)と頭頂部(頭の上)の髪の毛が軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象が起こります。

英語では「Androgenetic Alopecia」と書き、AGA(「エージーエー」と読む)と略されています。

男性型脱毛症(AGA)は、日本人の場合には20代後半から30代にかけて症状が現れ、徐々に進行し、40代以後に完成されます。

男性型脱毛症の年代別の発症頻度は、20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と年齢とともに高くなります。

男性型脱毛症の発症には遺伝と男性ホルモンが関与していますが、遺伝的背景としてはX染色体上に存在する男性ホルモンレセプター遺伝子の多型や常染色体の「3q26」や「20p11」に疾患関連遺伝子の存在が知られています。

女性の場合は・・・

女性の場合は「女性男性型脱毛症(Female AGA, FAGA)」と呼ばれ、男性と違い生え際のラインは変わらずに、頭頂部の比較的広い範囲の頭髪が薄くなる傾向にあり、完全な禿髪になることは稀です。

サイト管理人 当サイト管理人が使っている育毛剤シャンプーも参考にどうぞ!得に、私の父の髪の毛の増え具合は必見です!
また、最近出たミノキシジルの3倍の育毛効果と言われているキャピキシルが配合された育毛剤も注目しています。
  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
ミノキシジルの3倍の育毛効果といわれている「キャピキシル」を配合した育毛剤が登場!


ミノキシジルの3倍 »

珠算・電卓実務検定(全国商業高等学校協会) 珠算・電卓実務検定の資格試験情報

顔毛