薄毛治療の飲み薬で一番効果があるのはフィナステリド内服薬

日本皮膚科学会「男性の場合、 薄毛治療の飲み薬として強く推奨できるのはフィナステリド」

薄毛治療を行っているクリニックでは、男性の薄毛治療として「フィナステリド」を主成分とする内服薬(飲み薬)を処方します。

なぜなら、日本皮膚科学会による男性型脱毛症(AGA)の診療ガイドラインで、飲み薬の主成分である「フィナステリド」は診療ガイドラインの5段階評価のうち、男性に対して「A(行うよう強く勧められる)」と推奨されているからです。

しかし、「フィナステリド」は女性に対しては「D(行わないよう勧められる)」となっています。

日本皮膚科学会による男性型脱毛症(AGA)の診療ガイドラインでは、

フィナステリド内服の発毛効果に関して良質の根拠があるので、男性症例に対する内服療法の第一選択薬として強く推奨する。
他方、更年期以後の女性に無効である事実と胎児への副作用を勘案すると、女性症例に対して使用しないよう勧告する。

としています。

参考:飲み薬の主成分の発毛効果 5段階評価

ただし、「フィナステリド」を主成分とする内服薬(飲み薬)は医師の処方が必要です。

そして、保険が効かないので、ひと月に1万円程度かかります。

日本では2009年6月から薬事法が改正され、高い効果が期待できるが副作用のリスクも高くなると考えられている第一類医薬品は医師や薬剤師を通さないと購入できなくなりました。

東京なら銀座総合美容クリニックが人気です。

サイト管理人 当サイト管理人が使っている育毛剤シャンプーも参考にどうぞ!得に、私の父の髪の毛の増え具合は必見です!
また、最近出たミノキシジルの3倍の育毛効果と言われているキャピキシルが配合された育毛剤も注目しています。
  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
ミノキシジルの3倍の育毛効果といわれている「キャピキシル」を配合した育毛剤が登場!


ミノキシジルの3倍 »