男性型脱毛症 診療ガイドラインの5段階評価の詳細

診療ガイドライン 5段階評価

日本皮膚科学会は薄毛治療の推奨度を「A、B、C1、C2、D」の5段階で評価を出しました。

5段階評価の分類基準は、下記の「エビデンス根拠のレベル分類」と「推奨度の分類」を用いました。

【 エビデンス根拠のレベル分類 】
I システマティック・レビューメタアナリシス
II 1つ以上のランダム化比較試験
III 非ランダム化比較試験
IV 分析疫学的研究(コホート研究や症例対照研究)
V 記述研究(症例報告や症例集積研究)
VI 専門委員会や専門家個人の意見
【 推奨度の分類 】
A 行うよう強く勧められる
(少なくとも1つの有効性を示すレベルIもしくは良質のレベルIIのエビデンスがあること)
ミノキシジルフィナステリド(男性の場合)
B 行うよう勧められる
(少なくとも 1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベルIIか良質のレベルIIIあるいは非常に良質のIVのエビデンスがあること)
自毛植毛術
C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
(質の劣るIII~IV、良質な複数のV、あるいは委員会が認めるVI)
アデノシンt-フラバノン塩化カルプロニウムサイトプリンとペンタデカンケトコナゾール
C2 根拠がないので勧められない
(有効のエビデンスがない、あるいは無効であるエビデンスがある)
セファランチン
D 行わないよう勧められる
(無効あるいは有害であることを示す良質のエビデンスがある)
フィナステリド(女性の場合)人工毛植毛術

※推奨度が必ずしも上記の判断基準に一致しない場合がある。人種的差異、分野によるエビデンスの不足、日本の社会的特殊事情、さらにガイドラインの実用性を勘案し、エビデンス・レベルを示した上で推奨度を決定。

薄毛で悩んでいる人は推奨度が高い上(A)から始めてみるといいでしょう。ただ、人によって効果に差があることが予想されますので、A〜C1までの治療法を色々試してみるのも1つの手だと思います。

サイト管理人 当サイト管理人が使っている育毛剤シャンプーも参考にどうぞ!得に、私の父の髪の毛の増え具合は必見です!
また、最近出たミノキシジルの3倍の育毛効果と言われているキャピキシルが配合された育毛剤も注目しています。
  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
ミノキシジルの3倍の育毛効果といわれている「キャピキシル」を配合した育毛剤が登場!


ミノキシジルの3倍 »