米ペンシルベニア大学、薄毛の仕組みを、原因を発見

読売新聞によると、米ペンシルベニア大学の研究チームが薄毛の仕組みや原因を米医学誌に発表したそうです。

研究チームは、体質的な薄毛は毛髪の元になる細胞が足りないのではなく、その細胞が次の段階に変化できないことが原因と発表しました。

研究チームは体質的に薄毛の男性型脱毛症患者の頭皮を採取して、細胞の種類と数を調査。

薄毛部分と毛が生えた部分を比較すると、幹細胞の数はほとんど同じなのに、前駆細胞の数は薄毛部分が10分の1に減少していたそうです。

いったん前駆細胞ができれば、毛母細胞などへ次々と変化するので、この変化が妨げられたことが薄毛の根本的な原因であると研究チームは結論づけました。

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加

« 最新ニュース 一覧

サイト管理人 当サイト管理人が使っている育毛剤シャンプーも参考にどうぞ!得に、私の父の髪の毛の増え具合は必見です!
また、最近出たミノキシジルの3倍の育毛効果と言われているキャピキシルが配合された育毛剤も注目しています。
ミノキシジルの3倍の育毛効果といわれている「キャピキシル」を配合した育毛剤が登場!


ミノキシジルの3倍 »