科学的根拠があって強く勧められる薄毛治療はミノキシジル(男女)とフィナステリド(男性のみ)

2010年4月、日本皮膚科学会が「男性型脱毛症 診療ガイドライン」を発表しました。

このガイドラインは現状の科学的根拠のない薄毛治療から科学的根拠のある薄毛治療にしていこうという目的から発表されました。

「男性型脱毛症」とありますが、女性の薄毛治療に関しても参考になる情報となっています。

「男性型脱毛症 診療ガイドライン」では、薄毛治療の推奨度を5段階で評価しています。

結論から言うと、以下のようになっています。

【日本皮膚科学会「男性型脱毛症 診療ガイドライン」推奨度の分類】
A 行うよう強く勧められる
(少なくとも1つの有効性を示すレベルIもしくは良質のレベルIIのエビデンスがあること)
●ミノキシジル(育毛剤の主成分)
●フィナステリド(飲み薬/男性の場合)
B 行うよう勧められる
(少なくとも 1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベルIIか良質のレベルIIIあるいは非常に良質のIVのエビデンスがあること)
●自毛植毛術
C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
(質の劣るIII~IV、良質な複数のV、あるいは委員会が認めるVI)
●アデノシン
●t-フラバノン
●塩化カルプロニウム
●サイトプリンとペンタデカン
●ケトコナゾール
※すべて育毛剤の主成分
C2 根拠がないので勧められない
(有効のエビデンスがない、あるいは無効であるエビデンスがある)
●セファランチン(育毛剤の主成分)
D 行わないよう勧められる
(無効あるいは有害であることを示す良質のエビデンスがある)
●フィナステリド(飲み薬/女性の場合)
●人工毛植毛術

これをみると、育毛剤ならミノキシジル、飲み薬ならフィナステリド(男性のみ)、植毛なら自毛植毛術は薄毛治療として行うことが勧められています。

残りは、根拠がないので勧めていません。

このページでは「科学的根拠がある」と認められている

  1. ミノキシジル(育毛剤の主成分)

  2. フィナステリド(飲み薬)

  3. 自毛植毛術

の3つに絞って、さらなる詳細や購入できるお店を紹介したいと思います。

1、ミノキシジル(育毛剤の主成分)

ミノキシジルは元々、高血圧の治療の内服薬として使われていました。

しかし、この薬の副作用として髪の毛が伸びたり、脱毛が改善したりすることが発見され、1980年代に現在の米ファイザーが「Rogaine(ロゲイン)」という名称で販売し始めました。

日本皮膚科学会の「男性型脱毛症 診療ガイドライン」では、ミノキシジルについて以下のように推奨しています。

ミノキシジル外用の発毛効果に関して良質な根拠があるので、男性症例に対して5%ミノキシジル外用液を外用療法の第一選択薬として、また 女性症例に対して1%ミノキシジル外用液を男性型脱毛症治療の第一選択薬として強く推奨する。

上記のように、男性なら5%のミノキシジルを、女性なら1%のミノキシジルを1番目の選択肢として推奨しています。

そんなミノキシジルですが、どこで購入できるのでしょうか?

ミノキシジル配合の育毛剤としては日本では大正製薬のリアップがあります。

リアップは第一類医薬品なので、薬剤師のいる薬局やドラッグストアで副作用の説明を受けた上でないと購入できません。

2009年6月に全面施行された改正薬事法で、大衆薬は副作用のリスクに応じて第1類〜第3類に分類されました。

第1類医薬品は効果も高いですが、副作用のリスクも高いので、薬剤師のいる店舗でしか購入できないようになったのです。

2、フィナステリド(飲み薬)※男性のみ

フィナステリドは元々は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品でした。

しかし、副作用として発毛が認められ、「プロペシア」などの商品名でAGAの飲み薬として販売され始めました。

日本皮膚科学会の「男性型脱毛症 診療ガイドライン」では、フィナステリドについて以下のように推奨しています。

フィナステリド内服の発毛効果に関 して良質の根拠があるので、男性症例に対する内服療法の第一選択薬として強く推奨する。他方、更年期以後の女性に無効である事実と胎児への副作用を勘案すると、女性症例に対して使用しないよう勧告する。

男性には内服療法として最初の選択肢として推奨していますが、女性は使用しないように勧告しています。

日本ではフィナステリドを主成分とする内服薬は医師の処方が必要です。保険が効かないので、ひと月に1万円程度かかります。

3、自毛植毛術

自毛植毛術とは自分の側頭部や後頭部の毛を脱毛部に移植する薄毛治療のことです。

移植された毛包は脱毛しにくい遺伝子をもっており、ほぼ生涯にわたって毛髪が伸び続けると言われています。

日本皮膚科学会の「男性型脱毛症 診療ガイドライン」では、自毛植毛術について以下のように推奨しています。

自毛植毛術のエビデンス・レベルは必ずしも高いとは言えないが、フィナステリド内服やミノキシジル外用による効果が十分でない症例に対して、他に手段がない状況、国内外における膨大な診療実績、また患者の病悩を考慮し、委員会としては十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限り、推奨度Bとして推奨する。

ガイドラインではミノキシジル(育毛剤)やフィナステリド(飲み薬)などを1年間試して効果がない場合、次の選択肢として十分な経験と技術を有する医師による自毛植毛術を推奨しています。

ミノキシジル(育毛剤)やフィナステリド(飲み薬)による薄毛治療は数ヶ月〜1年とある程度の時間が必要になりますが、自毛植毛術は即効性があるというメリットは見逃せません。

ただし、金額が非常に高いというデメリットもあります。

どうしても早急に対処したくて、資金に余裕のある人にはいいかもしれません。

以下に自毛植毛術をやっているクリニックを紹介しますが、まずは資料請求や無料相談(カウンセリング)から始めることをオススメします。

サイト管理人 当サイト管理人が使っている育毛剤シャンプーも参考にどうぞ!得に、私の父の髪の毛の増え具合は必見です!
また、最近出たミノキシジルの3倍の育毛効果と言われているキャピキシルが配合された育毛剤も注目しています。
  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
ミノキシジルの3倍の育毛効果といわれている「キャピキシル」を配合した育毛剤が登場!


ミノキシジルの3倍 »

格安オンライン英会話

朝が弱い人のための体内時計のしくみ 朝 起きられない人のための体内時計のしくみ